[トップ] [書籍一覧] [購入方法] [おすすめ書店] [ただいま編集中]

※バナナブックスは、株式会社トランスビューの運営する出版レーベルです。


ワールド アーキテクチュアー シリーズ
トゥーゲントハット邸― ミース・ファン・デル・ローエ
世界遺産
宮本和義 写真
栗田仁 文

定価:1470円


A5判並製
55ページ
写真56点
英文併記
ISBN:
978-4-902930-16-0
2008年6月刊

 

内容紹介

近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエが提唱した「Less is more.」の頂点を極めた住宅、トゥーゲントハット邸(チェコ・ブルノ/1930年竣工)の全容を示した日本初のガイドブック。世界遺産のこの住宅は、80年後の今も、建築の素の力を見るものに語りかける。住宅設計者、建築学徒は必携。

ミース・ファン・デル・ローエ(1886-1969)1886年、ドイツ・アーヘン生まれ。ペーター・ベーレンスに師事し、1929年に独立。“Less is more”の標語で知られ、1929年のバルセロナ・パヴィリオンはモダニズムの金字塔。1930年からバウハウスの第三代校長を勤めたが、ナチスの迫害からアメリカに亡命した。アメリカでは、世界遺産のファンズワース邸、超高層ビルのシーグラムビル、高層アパートのレイクショアドライブなどを設計。今なお建築界に大きな影響を与え続けている20世紀モダニズムの巨匠。


目次

住宅写真
図面
ディティール
「モダニズムの白い聖書」
 住宅の形をした“Less is more”
 ブルノへの道
 満身創痍の名住宅
 創建時の姿に復元、そして世界遺産へ
 出生地の地政学的座標
 「ミース起元元年」、同時代の建築家たち
 モダニストたちの共通点
 イメージを実現する突出した建設費
 “Less is more”の一頂点



[写真]宮本 和義(ミヤモト カズヨシ)
写真家。1941年上海生まれ。1964年から建築分野、旅分野で活動。著書に『近代建築再見』(エクスナレッジ)、『和風旅館 建築の美』(JTB)、『古寺彩彩』(JTB)、『近代建築散歩』(小学館)、『シュレーダー・ハウス』『オルタ・ハウス』『ラ・トゥーレット修道院』『ミュラー邸』『トゥーゲントハット邸 』(バナナブックス)など多数。

[文] 栗田 仁(クリタ ジン)
建築家。1949年生まれ。名古屋大学大学院修士課程修了。東海大学短大、常葉学園大学造形学部の非常勤講師。著書に『街はいつでも上機嫌』(静岡新聞社)『LRTが街を変える』(都市文化社)『シュレーダー・ハウス』『オルタ・ハウス』『ラ・トゥーレット修道院』『トゥーゲントハット邸』など。


ごちゅうもん お問合せ

*送料無料キャンペーン中!詳細は[購入方法]をご覧下さい。
*お問合せ、ご感想などもお気軽にお寄せ下さい。



関連情報リンク

モダン建築行脚 宮本和義建築写真家・宮本和義が写真と文でつづる日本近代建築行脚
美しい町をつくりたい建築家・栗田仁の公式サイト

Villa Tugendhat à Brno(公式サイト)


Googleマップ



書評・関連記事等



こちらもおすすめ



バナナブックス
株式会社トランスビュー内
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-10-1-2F
tel03-3664-7333  fax03-3664-7335
e‐mail :
info@transview.co.jp

※バナナブックスは、
株式会社トランスビューの運営する出版レーベルです。