[トップ] [書籍一覧] [購入方法] [おすすめ書店] [PR誌トランスビュー] [ご意見板] [書店様のページ]更新:2002/10/15
『チョムスキー、世界を語る』 ノーム・チョムスキー[著]
チョムスキー、世界を語る

ノーム・チョムスキー・著 / 田桐正彦・訳
46判上製・220頁・本体2200円(税別)/2002年9月刊行 ISBN:4-901510-09-6

グローバリゼーションのもとに振りかざされる“正義”、“自由と平等”の虚像。そこに隠れる「覇権国家」アメリカ。知識人とメディアの責任、言論の自由などを軸に現代世界の政治・経済・社会、あらゆる問題を語り尽くす。巨人チョムスキーの思想の全貌!

訳者より

『チョムスキー、世界を語る』は一九九九年の暮れに行なわれた、この孤高の思想家への長編インタビューである。“9・11”以降、チョムスキーの政治的発言があいついで出版されている。そのなかで、テロ以前の一九九九年という日付に、このインタビューの特別な意味がある。テロリズムにかんする考察はごく一部にとどまる。そのかわりに、ここでは、テロの問題にとらわれず、まったく自由な視点から現代世界の政治・経済・社会、あらゆる領域の問題をとりあげて縦横無尽に語りつくす、巨人チョムスキーの全貌が姿を現わしている。
 たとえば、一般には知られていないアメリカの・・・more>>>

目次 (下線のあるタイトルをクリックすると本文の一部をご覧になれます。)

序文 知識人

言論の自由

権力の中心

資本主義

不可視の経済

民主主義

メディア

外交政策

エピローグ

リンク
関連情報のリンク集 感想など、ご自由に